オリックス銀行から1週間以内に借りれたので車検の費用を捻出できた

オリックス銀行から1週間以内に借りれたので車検の費用を捻出できた

オリックス銀行から1週間以内に借りれたので車検の費用を捻出できた

今から半年くらい前に、ある方はちょっと車検で戸惑ったようです。そして、オリックス銀行のおかげで助かったようですね。

 

まずその方は、車検の料金で驚いていらっしゃったようです。

 

車検の料金と言っても、せいぜい数万円位だと思い込んでいたようなのですね。

 

ところが実際に車の業者から伝えられた金額は、10万円以上だったそうなのです。それでその方は、驚愕してしまいました。

 

急いで何とかする必要があると思い、その方はネットで様々な情報を調べた結果、オリックス銀行に着目したのだそうです。

 

急いでお金が必要という事もあり、比較的早く手続きを行ってくれそうな所を選んだのだそうです。

 

結局のところ、その方は1週間以内に借りる事ができたそうです。銀行としては非常にスピーディーに借りる事ができたので、とても助かっていたようですね。

 

逆に借りる事ができなかったとしたら、ちょっと大変だったのではないかとも思っていたのです。確かに車検は大切な手続きですので、それがストップしてしまうのは困りますね。

 

このようにオリックス銀行カードローンという商品は、思わぬ出費が発生した時に人々を助けてくれている事もある訳です。

 

上記のような出費はいつ発生するかも分かりませんし、なるべく早めにこの銀行で申込をしておくのが良いと思いますね。

オリックス銀行の数ある融資商品の中でも求められる資産は少なめなカード商品

 

オリックス銀行には、実は様々な融資商品があります。その中にはカード商品があるのですが、そのメリットは求められる資金ですね。

 

そもそもこの銀行が提供している融資商品の多くは、ある程度まとまった資金が必要になるのです。

 

例えばこの銀行では、プライベートと呼ばれる融資商品を提供しています。

 

不動産に関連する商品なのですが、それを利用する為には年間の所得が3,000万円を超えている必要があります。

 

それだけでなく、この銀行では不動産を抵当とする融資商品も取り扱っています。しかしそれを利用する為には、そもそも持ち家が必要になりますね。

 

つまりオリックス銀行の融資商品の中には、ある程度まとまった資金や不動産物件が必要になるものも見られる訳です。

 

ところがカードローンの場合は、もっと少なめな資金で利用する事ができるのですね。

 

この銀行のカード商品を用いている方は、年収1,000万円以内の方も多数いらっしゃいます。

 

つまり上記のプライベートという商品に比べると、求められる資産は低めになっている訳ですね。

 

現在の自分の資産の少なさで、銀行から借りる事ができないのは少々悲しいですね。

 

しかしカード商品の場合は、ある程度少なめな資産でも借りる事ができる訳です。

 

つまりそれが、この銀行の提供しているカード商品のメリットの1つとも言えるでしょう。

 

オリックス銀行カードローンでお金借りる 審査情報

 

オリックス銀行のカードローンは多くの方が利用している人気のカードローンの1つです。最低金利が非常に低いため、クレジットスコアの優秀な方にとっては負担が少なく利用できるところに特徴があります。人気があるカードローンは手堅く審査を行う傾向があるので、審査は厳しいのではないかと心配になる方もおられるかもしれません。しかし、オリックス銀行カードローンは決して審査の厳しいカードローンではありません。

 

その大きな理由となっているのが最大金利の17.8%です。この17.8%という金利は最低金利と比べると明らかに大きくなっています。オリックス銀行カードローンは最低金利が非常に低く、最高金利が高いという特徴を持ったカードローンです。これはどういうことかというとリスクの低い方には低い金利でお金を貸しつつ、リスクの高い方にも融資を行っていくという方針の表れです。この仕組みによって幅広い層の方々に融資を行うことができます。

 

そのため、審査は決して厳しくなりにくいということです。もし、収入などの観点からリスクが高いと見なしたとしても、ある程度までは融資を受けられる可能性が高くなっています。

 

ただし、リスクが高いと判断された場合は限度額が低めに設定されるので、比較的高金利での利用ということになります。その場合はカードローンを利用する中で問題なく使用を続けることにより、徐々に限度額を引き上げてもらうことで低い金利へと移行していくことも可能です。最初から高い限度額で利用することは難しいので、だんだんとお得になっていく可能性のあるカードローンと言えます。

 

オリックス銀行カードローンの融資の条件は満20歳以上69歳未満であることと、継続して安定的な収入を持っていることです。ここを満たしていない場合はいかにお金があったり、安定した職業に就いていたとしても融資を受けることはできません。年収や職業に関して詳しく規定されているないではないので、様々な形態で働いている方が申し込むことができます。とはいえカードローンは自動車ローンや住宅ローンなどとは異なり、使い道が決まっていないローンです。

 

基本的に限度額の範囲であれば、自由に使うことができます。そのため、カードローン会社は自社の基準に基づいた審査を行い、場合によって融資をしないケースもあります。オリックス銀行カードローンに限らず、審査を突破するための1つのポイントとなるのが職業です。

 

職業は審査に直結するものなので審査でチェックされる項目の1つです。お金をたくさん稼げる仕事が有利という訳ではなく、安定的な収入を得られる職業が有利になります。

 

そのため、国家公務員は非常に融資を受けやすいとされています。国家公務員は役職によって収入には差がありますが、よほどのことがない限り職を失う可能性が低いからです。企業と異なり、毎年の業績が大きく異なることも少ないです。次に審査で有利とされているのが弁護士や医師などといった免許に基づく職業です。

 

例えば医師の場合、所属している病院が何らかの形で閉院してしまったとしても、免許を活かして再就職することができます。

 

免許がある分、技術や知識などが裏付けられており、働き口に困る可能性が低い見なされています。その次に融資を受けやすいのが上場企業の方々です。昨今では産業構造の変化が激しいため、上場している企業だからといって将来が約束されているわけではありません。

 

しかし、上場しているということはその業績がある程度明らかになっており、カードローン会社としてもその企業の今後に一定の予測を立てることができます。また、上場しているということは基本的に業績が良い可能性が高いことも融資を受けるにあたって有利なポイントとなっています。

 

オリックス銀行カードローンの審査を受ける上で有利な職業とそうではない職業があるのは確かですが、このカードローンは比較的に幅広い方々に融資をしようと配慮されています。そのため、上記で述べた職業以外の方も問題なく融資を受けられる可能性があります。

 

上記で挙げた職業の方は特に融資において有利であるということです。

 

例えば、アルバイトやパートの方であってもある程度の収入が確保できていれば審査をクリアできる可能性があります。その場合、この数ヶ月の収入が大きなポイントになります。そのため、失業をした直後などは審査に不利となってしまうことに注意をしておきましょう。自営業の方は特に業績が審査においては重要となります。

 

カードローン会社では限度額を分けることでリスクを分散しています。例えばお金を貸すことに一定のリスクがあるとみなした場合はひとまず限度額を低く設定するということです。

 

そのため、融資を受けられるか心配という方はまず低い限度額から始めるという手があります。限度額が低いうちは金利が高めですが、徐々に限度額を上げることが出来れば金利は低くなっていきます。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ