年金受給者のキャッシングは勤務先連絡、在籍確認はどうするの?

年金受給者のキャッシングは勤務先連絡、在籍確認はどうするの?

年金受給者のキャッシングは勤務先連絡、在籍確認はどうするの?

年金受給者に限りませんが、キャッシングを利用する際の審査で見られる物の一つは定期収入と過去の経済状況、そして年齢です。

 

 定期収入は今後の返済に関わって来る話ですし、過去の借金歴である信用情報を閲覧する事は利用者になにか問題がないか確認するには重要な事です。

 

また、返済前に死亡すると色々な面で面倒なので基本的には「生前に返済を終える」事を基本として返済計画を立てます。

 

 それでは年金受給者の例ですが、年金が定期収入に当たるかどうかというのは会社によって対応が変わり

 

会社によっては定期収入としてみなさずキャッシングの借り入れを断っている会社も多いですが、基本的には収入とみなされ借り入れが可能です。

 

 また年金受給者に当てはまる年齢になると、住宅ローンなども返済を終え始めているので、

 

他の会社からカードローンや事業資金などを借り入れて返済中というや、若いころに自己破産や債務整理などを行った過去があるということでなければ問題ありません。

 

 年金受給者の借り入れで一番ネックになるのは年齢の問題で、

 

一般的に60才から70才程度を借り入れ年齢の限度と設定している会社が多いので、この年齢を超えるとキャッシングを利用することが出来ません。逆に言えば、それ以下の年齢であれば問題ないという事です。

 

 70代以上の方は、公的機関で年金を担保に貸付を行っている所などもあるので、民間のキャッシングではなくそちらをお勧めします。

うちの祖父のキャッシング

私の話を聞いてください。

 

祖父は昔からギャンブルにハマっていて、すぐにキャッシングなどをおこない、家族や親せき、知人などをこまらせていました。これは私が中学生の時のはなしとなります。

 

本当にぱちんこや競馬、競艇など、ギャンブルのあらゆるジャンルに手を付けておりました。

 

そして、たばこも吸い、酒ものみ、お水関係で遊んで、飲む・打つ・買う、お金がなくなる三拍子が見事にそろっており、それだけならまだしも、友人や後輩などに、食事代や飲み代などもおごるなど、おおばんぶるまいです。これでは給料がいくらはいっても絶対にお金はもちません。

 

そして当時はキャッシングや社会に関しては無知だったので、どこにキャッシングしているかはわかりませんでしたが、約300万ほどの借金があると聞いております。

 

当時は年収の3分の1までの枠ではなかったので、それくらいは借りることができたのでしょう。今は還暦を迎え、年金で生活をしておりますが、それでもキャッシングをしているとのことです。

 

働いていないので、普通キャッシングはできないと思いますが、おそらく、闇金に近い、グレーゾーンと呼ばれる金融にお金をキャッシングしていると思われます。

 

金利が20%までというあれですね。祖父はどうやってこの借金を処理するのかはわかりませんが、私はあまりかかわりたくありません。

 

年金受給者はお金借りれる? 審査に通るか不安 カードローンを作るためには

 

年金受給者はお金を借りられないと考える方がいますが、これはカードローンの多くが給与所得者をターゲットにしているためです。実際に年金を受給している方が審査に申込みしても、通過できないことが多いです。カードローンは融資において年齢制限をしており、例えば20歳以上〜65歳以下などと定めています。年齢規定はローンによって異なりますが、ほとんどは60代で借入できる上限年齢に達しています。

 

人間には寿命がありますし、いつまでも働けるわけではありません。退職すると給与収入がなくなり、生活レベルは下がってしまうはずです。金融機関は申込者の返済能力を考慮して審査結果を出しますから、返済が厳しいと感じる人には融資をしません。金融機関としては返済能力がある方には積極的に融資をしたいので、審査に申し込んで落ちるということは返済能力が低いとみなされているのでしょう。

 

ただし、年金受給者だから100%借入できないわけではありません。中には年金受給者も融資可能とアピールしているローンもあります。融資において絶対条件となるのは、安定・継続した収入があるかどうかです。これは金融機関によって解釈が異なり、年金も安定収入とみなしてくれる場合もあります。確かに給与所得時代と比べると金額は少ないでしょうが、年金は安定的に支給されるので安定性の面では優れているのです。

 

年金受給者に融資してくれるかどうかは、すべて金融機関次第と言えるでしょう。事前に年金生活の方にも融資してくれるか、カードローンの商品概要をチェックしてみてください。融資可能とあれば借入できる可能性がありますが、記載がない場合はダメだと考えられます。一番よいのは金融機関に問い合わせをして聞いてみることです。

 

ローン審査の通過率は絶対に100%になることはありません。通過率のよいローンといえども、80%〜90%程度なのが現状です。会社員や公務員といった方でも借入できないケースはあるので、審査に落ちてしまう場合は仕方ありません。

 

ただ、希望額が審査に影響するのは間違いないので、借りすぎには十分に注意してください。審査に落ちてしまう理由として、希望額を大きく設定しすぎていることがあります。例えば返済能力が30万円の方がそれ以上を借りようとしても借りられません。自分の返済能力を把握しておくことは大切ですが、最終的に審査結果を決めるのは金融機関ですから、対策としては希望額をなるべく小さくすることが大切なのです。

 

希望額はいくらに設定すれば借入できるのか事前にはわかりませんが、金融機関に問い合わせることで教えてくれる場合もあります。30万円までなら融資可能ですと言われたら、30万円以内で申込むのがいいでしょう。一つ言えることは希望額は少ないほど審査に通過しやすくなることです。30万円で厳しくとも、20万円なら借入できるかもしれません。ローンは無理をして借りるのではなく、返済能力に見合った金額を借りることが大切となります。

 

自分がいくらまで返済可能なのか試算しておき、その範囲内で借りるようにしてください。年金だけで返済できるプランを立てる必要があり、借りすぎには十分に注意しましょう。カードローンは繰り返し利用できる性質があるので、希望額が大きすぎると借りすぎの心配があります。今は少額の借入で済んでいても、限度額に余裕があると今後追加で借りてしまう可能性はあるでしょう。

 

年金受給者がカードローンを利用するなら、希望額は最小限に抑えるのが基本です。例えば融資額が10万円〜500万円に対応しているローンなら、10万円で申込むのが確実と言えるでしょう。

 

10万円は少なすぎると考えるかもしれませんが、どんなに少額であっても借金に違いありません。借金には利息が発生するので、借入は少ないほうがいいのです。たくさん借りるほど利息も膨れ上がってしまうので、利息を節約する意味もあります。ローンの返済が大変になってしまうのは、毎月の返済と利息が増えてしまうからです。借りるほど毎月の返済額は大きくなりますし、借入元金そのものが多いため利息も膨れ上がります。

 

利息を減らすには低金利ローンを利用する手もありますが、一番確実なのは借りる金額を抑えることです。年金受給者がカードローンを利用する場合は、一時的な借入用と考えておきましょう。

 

毎月ローンに依存するような借り方は好ましくなく、いつか返済が厳しくなります。借りたお金は一括返済をするのがベストで、この借り方が最も安全です。返済回数が増えるほど厳しくなるので、常に一括返済を意識してください。この借り方を守るだけで借りすぎを防ぐことができ、債務超過にならずに済みます。

 

借りすぎの原因はすべて自分にあると考えておけば、借りすぎにはなりません。審査の申込みをする前に、家計の見直しをして節約できる部分は抑えましょう。カードローンの利用を考える前には、節約することが大前提となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ