所得証明不要のカードローンで即日借りれる?

所得証明不要のカードローンで即日借りれる?

所得証明不要のカードローンで即日借りれる?

日々の生活の中でもしもお金が不足したり、急な支払いが舞い込んできたりしたならば、銀行や消費者金融で借り入れすると便利です。

 

特にカードローンならば一枚の個人カードを発行するだけで後は

 

自分のペースで自由自在に借り入れができるので、お金の心配をする必要がなくなります。

 

ただし、カードローンを使うには事前に然るべき契約手続きを経なければなりません。

 

多くの人は時間とのせめぎ合いの中で、即日借りれる?という点にこだわりがちですが、

 

即日借り入れを実現する意味でも所得証明不要のカードローンを見つけて申し込むのはとても大事なポイントとなるでしょう。

 

というのも、多くの場合所得証明書というものは発行するのに時間がかかり、会社で頼むと数日間かかってしまうことも少なくないからです。

 

ですから、即日借りれる?と心配するのであれば、または今日や明日にでも借り入れしたいのであれば、

 

所得証明不要のカードローンを活用するのが重要となるのです。

 

現にそういった特徴を持つ借り入れサービスは数多く存在し、

 

とりわけスマートフォンやパソコンなどを通じてのネット申請でも所得証明不要で

 

ウェブ完結の申し込みが行えるサービスが増えてきている現状にあります。

 

その意味でも金融機関からの借り入れはますます便利になっていくことが予想されます。

収入証明書不要でお金借りれる?

中堅消費者金融の所得証明不要カードローンなら、高確率で即日借りられます。

 

中堅消費者金融とは、大手以外の消費者金融の事です。

 

特徴は大手と比較して審査が通りやすい事、金利がやや割高傾向にある事などです。

 

中堅消費者金融は、大手ほど知名度が無い分、顧客獲得に貪欲です。

 

一定の収入がある人なら、簡単に即日借りられます。

 

即日借りれる?といった金融に関する知識があまりない人の中には、

 

知名度の点で心配されるかもしれません。

 

多くの中堅消費者金融は健全経営です。

 

仮におかしい経営を行う業者がいたとしましょう。今であれば、インターネットですぐに情報が出まわる事になります。

 

現在でも営業を続けられている中堅消費者金融はほぼ安全と言える訳です。

 

中堅消費者金融の所得証明不要カードローンですが、金利は割高です。

 

金利の下限は4.5%から12%ほど、上限は7%から18%ほどです。金利の面で即日借りれる?

 

とお考えの人は、他の大手消費者金融や銀行に申し込むと良いでしょう。

 

とにかくすぐにお金が必要な人であれば、中堅消費者金融がベターです。

 

審査スピードと審査の通りやすさが違います。

 

借りてすぐに返すといった場合なら支払う利息も少額で済みますので、こちらも中堅消費者金融が良いでしょう。

 

所得証明はキャッシング審査に必要? カードローン審査の際に必要な書類について

 

カードローンの利用を考える場合、必要な書類を揃えておくと手続きがスムーズに進みます。具体的には、本人確認ができる書類が必須となり、状況に応じて所得証明が必要になるケースがあります。

 

基本的に他には用意することがないのが一般的でしょう。

 

申込書から勤務先の安定度や持ち家か、固定電話は引かれているか等の項目から点数を加算し、高い点数を取得した人が通りやすくなると言われています。

 

信用情報機関に照会して、申込者の借入や分割購入の契約や利用状況を確認したり、勤務先への在籍確認をしたりして審査を行うため、保証人や担保の提供の必要はありません。印鑑も用意しなくて良いという所がほとんどです。

 

絶対必要な本人確認の書類については、申込の仕方によって対応できる書類に違いがあります。インターネット上から申込の手続きと必要な書類を提出する場合には、運転免許証でないと受付ができない所がほとんどです。

 

何故かと言うと、犯罪収益移転防止法が改正され、金融機関で何らかのサービスを申し込む際に、顔写真付きの本人確認書類がないと申込が難しくなったからです。

 

運転免許証は、顔写真以外にも固有の免許番号が付いていますし、番号から取得年月日や免許を取得した地域等が容易に分かるため、色々な情報が組み込まれていて本人の確認が比較的しやすいでしょう。

 

運転免許証を保有していないと、インターネットでの申込は受け付けていないという金融機関も多いので、免許を取得していない方は他の申込方法を探さなくてはいけない場合があります。

 

一部では、マイナンバーカードやパスポート等の顔写真付きの証明書に、住民票や健康保険証を追加提出することで認可する所もありますが、難しい所も多いです。

 

消費者金融や一部の銀行では自動契約機が用意されていることがありますが、やはり運転免許証やパスポート等が必要になりますので、十分注意してください。

 

運転免許証がない場合は、金融機関の窓口に出向くか、郵送などの方法で手続きすることになるでしょう。

 

その場合でも、健康保険証と住民票や公共料金の領収証など、複数の書類のコピーが必要となることがありますので、金融機関にどのような書類が必要か相談してみるといいでしょう。

 

ヘルプ集やよくある質問集としてまとめられているので、合わせて確認することを勧めます。

 

所得証明については、必要になる場合と不要な場合があります。証明として使える書類は、会社員であれば直近の源泉徴収票で、自営業者やフリーランスであれば確定申告書となります。

 

これらの書類の用意が難しければ、会社員であれば直近の月もしくは直近から2ヶ月間の給与明細書でも認められることがあります。

 

また、市町村から発行される税額通知書や課税証明書でも認められることがあります。手数料が必要となりますので、用意しておきましょう。

 

また、その年の1月1日現在の住所地で発行されるため、それ以降に市外へ引っ越しをした場合は元の役所に行って手続きをしなければいけない場合があります。役所に問い合わせをするようにしてください。

 

審査に不安があれば、所得証明が必要ないくらいの借入額にとどめると、リスクが低いと判断され借りやすくなる傾向にあると言われています。しかし、自営業者やフリーランスの場合は、就業状態の把握が難しいため、希望額に関係なく所得証明を提出するように指示されることもあるでしょう。

 

電話確認も所得証明も不要な銀行カードローンで、比較的審査に通りやすいと言われていても、収入が十分な自営業者が審査に通らない例も見られます。また、信用情報の状況があまり良くない時にも所得証明の提出を求められることもあります。

 

度重なる遅延をしている場合に、返済能力が危ぶまれることがあり、現在の収入の状況で審査に通すか決める判断材料にしようとする場合もあるでしょう。金融機関の中には、審査をした結果、証明書を提出することで借入限度額を更に上げることも可能とする所もあります。

 

ほとんどの消費者金融ではカードローンを申し込む時に、借入希望額が50万円を超過する時や、他社借入額と合算して100万円を超過しそうな時に提出を求められます。消費者金融は貸金業に分類され、カードローンについては、消費者が債務の返済で苦しまないように総量規制による借入限度額の制限が適用されます。

 

そのため、借入は年収の3分の1までとなり、それ以上の借入はできません。

 

気をつけなくてはいけないのが、1社ごとの借入で総量規制の対象となるのではなく、全ての貸金業の借入を合算して、収入の3分の1までしか借入できないということです。間違えやすいので注意してください。

 

また、他社の借入を隠そうとしても、信用情報機関に記載されているので、申し込む時に正直に申告するようにしましょう。虚偽の申込をしたことになり、審査に通る可能性は非常に少なくなります。銀行のカードローンについては、必要になる金額に大きな違いがあります。最も厳しい所では、100万円を超える借入を希望した場合に提出が必要となります。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ